お久しぶりです。
松山です。

お久しぶりの更新になってしまい申し訳ございません。
特に忙しかった訳でもございません。(笑)

今日は潮噴きについて書きます♪


性的活動時に女性の射精によって尿道を通じて排出される液体である。少量である場合は、粘液のような性状であり、色は透明であったり、白色ミルク様であったり、黄色であったりする。排出される量が増えるにつれて、透明な水に近くなる。数分の間に数回潮を吹くことができる女性がいる。排出される液体(潮)の性状に、生理周期が影響を及ぼすと報告する女性もいる[1]

潮の成分[編集]

一人の女性において、潮と尿を比較すると、潮の方が、PSA(前立腺特異抗原)、PAP(前立腺酸フォスファターゼ)、ブドウ糖の濃度が高く、クレアチニンの濃度が低い。また尿中PSA濃度は、オルガスム後の尿の方が、オルガスム前の尿よりも高い[2]

潮の量[編集]

女性の射精時に排出される潮の量は、2、3ml からカップ2杯まで、いろいろに変化する。女性の前立腺の大きさは、約5ml ほどの容積であるに過ぎない。女性の前立腺は、性的に刺激された場合に、液体を含んで腫大すると考えられている。1回の射精で排出される上限の量はカップ2杯であり、女性が膀胱に貯める尿の量とほぼ同じである[1]。女性が水分不足の状態にあれば、潮の量は少なくなる。

潮の機能[編集]

現在のところ不明である。数ml で白色粘稠の前立腺液と、カップ2杯で水様透明の前立腺液とでは、機能が異なるかもしれない。

  1. 潮吹きは、尿路感染症の予防に役立っているという見方がある[3]。女性は尿路感染症の頻度が高く、性交渉がきっかけで感染が起きることがある。潮吹きにより尿道が洗浄され、雑菌が洗い流されると主張する。
  2. 女性の前立腺液は、精子の生存に役立つという見方がある。膣内は強酸性であり、雑菌が体内へ侵入するのを防いでいるが、同時に精子の生存を不可能にしている。男性の前立腺液は弱アルカリ性で、エネルギー源の果糖を含み、精子の生存が可能な環境を提供している。女性の前立腺液も弱アルカリ性でブドウ糖を含み、同じ役割があると主張する。なお、女性のオーガズムは妊娠確率を高くしているという見方がある。
  3. 潮吹きは、相手とのコミュニケーションに役立つとする見方がある。乳首の膨隆、クリトリスの腫大、顔面の潮紅、性器の湿潤と熱感は、性的興奮を相手に伝える機能があり、潮吹きは、オーガズムを相手に伝える機能があると主張する。
当店でもかなりの潮噴くクジラ奥様が数多く在籍しています。 

大阪 待ち合わせ型風俗 (ヘルス) 若妻専門店エロアプ 
エロティックアプレイサル

【 大阪 待ち合わせ型風俗】Erotic Appraisal